安心を実感! 千葉トヨタのサポカー


サポカーとは、政府が定めた自動ブレーキなどの

先進安全技術を備えたクルマの愛称です。

 

 

安全運転の主役は、運転者のみなさまです。


ですが、クルマが事前に危険を知らせてくれたり

操作をフォローしてくれたら、もっとみんなが安心できるはずです。

そして、どんなにクルマが進化しても

運転する人を戸惑わせない乗り物でありたい。

実際の事故にしっかりと向き合い

すべての運転ステージで

個々の安全システムを連携させることで

本当に事故を減らすことのできる

クルマを届けたい!


人をまん中に、安全を考える。

それがトヨタのサポカーです。

 

 
※ サポカーは、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。
自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、
高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。




ドライバーなら誰にでもあるこんな場面をサポート

 

ぶつからないをサポート

【プリクラッシュセーフティシステム】

 


衝突の危険を警報で知らせ、

ブレーキアシストと自動ブレーキで

衝突回避や被害軽減をサポート

 


踏み間違えてもサポート

【インテリジェントクリアランスソナー】


ソナーで前後の障害物を検知、

駐車時などの衝突回避をサポート

 


はみださないをサポート

【レーンディバーチャーアラート】


車線逸脱の危険を

ブザーやディスプレイで知らせます

・・・


夜間の見やすさをサポート

【オートマチックハイビーム】

【アダプティブハイビームシステム】


状況に応じて
ハイビームとロービームを

切替えて夜道の視界をサポート

 


運転中の思いがけない危険に備えて

さまざまなシーンであなたの安全運転をサポートします。

 


しかし、安全装置はドライバーの安全運転を支援するものです。

ドライバーの安全運転に勝る安全装置はありません!

安全装置に頼りすぎず、安全運転を心掛けましょう。

 

 
※ プリクラッシュセーフティシステム・衝突回避支援ブレーキの作動条件は車種により異なります。
※ 道路状況、車両状態、天候状態、ドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。
※ インテリジェントクリアランスソナーは、自動ブレーキまで働くシステムですが、必ず止まることを約束するものではありません。
※ ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転して下さい。




◆ 千葉トヨタ サポカーラインナップ ◆


サポカーS<ワイド>


[ 先進安全機能 ]
 
□Toyota Safety Sense P 装着車
・プリクラッシュセーフティシステム(対歩行者・対車両)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール
 
□インテリジェントクリアランスソナー装着車
 

 

クラウン ・ プリウス ・ プリウスPHV

 

 


サポカーS<ベーシック+>


[ 先進安全機能 ]


□Toyota Safety Sense C  装着車
・プリクラッシュセーフティシステム(対車両)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチイクハイビーム
・先行車発進告知機能
 ・
 
□インテリジェントクリアランスソナー装着車
 

 

アリオン

 

 

 

 
□スマートアシストⅡ  装着車
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
・誤発進抑制制御機能
・衝突警報機能(対歩行者・対車両)
・先行車発進お知らせ機能
・車線逸脱警報機能
 

 

ルーミー

・・


サポカー


[ 先進安全機能 ]
 
□Toyota Safety Sense P  装着車
・プリクラッシュセーフティシステム(対歩行者・対車両)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール
・ 
 

C-HR ・ ランドクルーザープラド ・ランドクルーザー200

 

 

 
□Toyota Safety Sense C  装着車
・プリクラッシュセーフティシステム(対車両)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能

アクア ・ ポルテ ・シエンタ

エスクァイア ・ エスティマ ・ アベンシス

 

 

 


□プリクラッシュセーフティシステム  装着車
 

MIRAI ・ ハイラックス


※サポカー車両のラインナップは、11月22日時点のものです。
※ グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
※ グレードや安全装備の設定によって、同じ車種でもサポカーの区分が異なる場合があります。
※ 一部車両は、安全装備をメーカーオプション装着した場合の区分で掲載しております。
※ 自動ブレーキが作動する速度は、Toyota Safety Sense Cの場合、約10km/h~80km/h
Toyota Safety Sense Pの場合、対車両で約10km/h~180km/h、対歩行者で10km/h~80km/h
プリクラッシュセーフティシステムの場合、約15km/h~180km/h
スマートアシストⅡの場合、約4km/h~50km/h(速度差約30km/h以内)となります。
※ 道路状態、車両状態、天候状態、ドライバーの操作状態等によって作動しない場合があります。

〒260-0032 千葉市中央区登戸2-2-7
千葉トヨタ自動車株式会社